杜の家


   富士北山の木で造る高耐震構造

 

.jpg
 
 

■■ 杜の家工法 ■■

      冨士北山の木は通常の在来工法でも使えますが、「街の森(杜)」として永く使う為のオプションも用意しています。
      その工法で建てた家を「杜の家」と名付けています。

 

  

・認定ビスによる高耐震構造


9mmの構造用合板に認定ビスを使う事で5倍耐力の認定がとれます。

この5倍耐力の構造壁を外壁に集中して、耐震等級3以上の壁量を確保します。
大きな窓を作りながら地震に強く、光と風を取り入れるパッシブデザインを簡単にプランニングできます。

内部には、バランス上に必要な筋交いが若干出る事がありますが、ほとんど構造壁がない為に後年のリフォームでの
間取り
変更も容易な家です。

下のCGは竣工した杜の家ですが、このような大きな開口(窓)をつくりながらも

存在壁量は耐震等級3の壁量をはるかにしのぎます。


morinoie1.jpg

 



・無垢材メタルジョイント工法(古の匠の技を現代の技術で)


古来から、木造建築技術者はいかに強固な接合部を木組みでつくるかに技術を凝らしてきました。
その為に、仕口と呼ばれる接合部の作り方には様々な大工さん達の創意と工夫が込められてきました。
しかしながら、その為にどうしても柱や梁が大きくなるという難点もありました。

現在の在来工法は、柱や梁の大きさは構造的に必要な大きさで構成されるために、それほど大きくはありません。
そのかわりに、通常の仕口加工部には耐力を見込んでいなく、後から外付けの金物をつける事で耐力をつけます。

無垢材メタルジョイント工法は、現代の技術で古の匠が目指した接合部そのものの強固な耐力を実現します。

ホゾ穴などを造る必要のないメタルジョイント工法は、断面欠損がない木に優しい工法で、余計な太さを見込む
必要がありません。

現在の在来工法では、通し柱のホゾ穴の断面欠損による耐力低下が大きく、大地震時に通し柱が折れる事が
倒壊の原因の一つになっています。無垢材の魅力を最大限に活かしつつメタルジョイントができるのは、
富士北山の木の他にない特徴です。他のメタルジョイント工法は集成材しか使えず、集成を使う必要のない
柱や小梁まで集成材を使わなければならず、結果として輸入集成材を多用しています。

 

「杜の家」のような強固な構造の家では柱に大きな引抜力がかかるようになりますが、
メタルジョイントは大きな接合力が個々の柱・梁にあるので安心です。 


富士北山の無垢材メタルジョイント工法の強さ

引張耐力   せん断耐力

梁受金物           29.6KN     31.2KN   (最大)
柱頭柱脚ほぞパイプ     30KN       ―      (最大)
          ※ 梁受部分で通常は無いせん断耐力があります

→ 金物工法詳細(PDF)

h-3-7.jpg  h-3-8.jpg

 

※ 金物ジョイントは、接合部自体に耐力があるので、後付金物も必要なく非常に丈夫です。


 

 

jyoutou.jpg